楽天モバイルで固定費削減

楽天モバイル「10分(標準)通話かけ放題」オプションの落とし穴

楽天モバイルは「Rakuten Linkアプリで国内通話は無料(※一部対象外番号あり)」ですが、これまでスマホOS(iOS、Android)の標準電話アプリを使用した場合は、通話料がかかっていました。

新たに「10分(標準)通話かけ放題」オプションがスタートし、標準電話アプリでもオトクに通話できるようになりました。

えびふらい

正直あまり「おトクなオプション」ではないですね。その理由を解説します。

「10分(標準)通話かけ放題」でも「ナビダイヤル」は有料

楽天モバイルの「Rakuten Linkアプリ」は、全ての国内通話が無料になるわけではなく、一部例外があります。その代表例が、会社のコールセンターなどで使われている「0570ナビダイヤル」です。

「10分(標準)通話かけ放題」も、ナビダイヤルなどは「かけ放題対象外」になっています。

オプションの追加を検討している方は、普段の通話先が「かけ放題対象」になっていることを確認するようにしてください。「090-xxxx-xxxx」や「03-xxxx-xxxx」などの電話は「かけ放題対象」です。

他社と比べるとオプション料金が割高

「10分以内の国内通話がかけ放題」というオプションは、楽天モバイル以外のキャリアでも提供されています。

UQ mobileやY!mobileといったサブブランド、 MVNOからIIJmioとmineoのオプション料金を比較してみました。

10分通話かけ放題
月額料金
UQ mobile770円
Y!mobile770円
IIJmio913円
mineo935円
楽天モバイル1,100円

他社は1,000円以下なのに、楽天モバイルは1,100円と割高感を感じますね。正直なところ、「楽天モバイルで」この通話オプションを追加するメリットはあまり無さそうです。

やはりメイン回線+楽天モバイルちょい足し、がオススメ

楽天モバイルで「10分かけ放題オプション」を追加するくらいなら、

  • メインの回線は楽天以外で、通話オプションをつける
  • 楽天モバイルはサブ回線で、「Rakuten Linkアプリ」での無料通話に特化

という使い方(ちょい足し運用)が、やはりオススメできます。

「ちょい足し(サブ回線)」運用については過去記事で解説しています。データ使用量が1GB以下なら月額料金0円・違約金も0円なので、気軽に「ちょい足し」できますね。

今なら3ヶ月プラン料金も無料です。この機会に楽天モバイルを試してみてはいかがでしょうか。

\ ✅ 今なら「3ヶ月プラン料金無料」/

楽天モバイル

ABOUT ME
えびふらい
大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)を全て使用した、アラフォーおじさんです。このブログでは、楽天モバイルを「ちょい足し」して、固定費の削減をオススメしています。