楽天モバイルで固定費削減

日本人はこんなに通信費を払っている。「通信費(スマホ代)を削減するメリット」とは?

当ブログでは、「楽天モバイルでスマホ代を削減しよう」ということをオススメしています。

結論

スマホ代簡単に見直せて節約の苦労が少ない出費。今すぐ見直しましょう!

「スマホ代を削減するメリットってあるの?」というところから、解説していきます。

「固定費」と「変動費」

一般的には、生活費は大きく「固定費」と「変動費」の2つに分けることができます。

「変動費」の例
  • 食費
  • 日用品代
  • 医療費
  • 交際費
「固定費」の例
  • 家賃
  • スマホ代
  • 固定回線のプロバイダ費用
  • 生命保険料

節約を考えた時に、真っ先に思い浮かぶのが「食費」ではないでしょうか。

ところが、食材の費用をケチると、

えびふらい

なんだか、おいしくない…

なんて経験、誰しもあるのでは。

「変動費」のコントロールは、実は結構難しいんです。着目すべきは「固定費」の方なんです。

固定費は見直せば「あとはラク」

固定費は「毎月必ずかかる費用」。

つまり、固定費は一度見直しに成功すれば、あとは放ったらかしで節約できます

  • 食費 → 買い物のたびに「節約」に気をつけないといけない
  • 固定費 → 一度下げれば、あとは気にしなくて良い

ところが、固定費の中で「家賃」や「保険料」は見直しがとても大変。簡単に引っ越したり、保険を解約したりできないですからね。

比較的簡単に見直せる固定費、それがスマホ代なんです。

今の携帯はそのまま、通話料を削減する方法

ガベージニュースさんがまとめたところによりますと、「携帯電話1契約あたり約1日あたりの通話時間は、平均1分52秒」ということです。

携帯・固定電話の1日あたりの通話回数と1通話の通話時間(最新)(ガベージニュース)

ここから計算すると、

  • 平均の月額通話時間は56分
  • 平均の月額通話料は2,464円

となります。

えびふらい

一年では30,000円近く、音声通話を行っている計算になりますね

この年間30,000円分の通話料をどうやって下げるかというと、オススメしたいのが「楽天モバイル」の活用です。

楽天モバイルの提供する「Rakuten UN-LIMIT VI」は「ほとんどの国内通話が無料になる」プランです。

通話をなるべく楽天モバイルで行うことで、通話料を下げることができますね。

とはいえ、

  • 日頃使い慣れている携帯キャリアを変えにくい
  • 楽天モバイルはちゃんと使えるの?

という方もいるのでは。

そんな方にオススメしたいのが

  • 今の携帯電話契約はそのまま (面倒な手続き不要)
  • 楽天モバイルの契約を「ちょい足し(サブ回線)」する

方法です。

具体的な方法については、別に記事にしております。

楽天モバイルは「縛り」がないので、

  • サブ回線として契約して、必要がなくなればやめる
  • 通話料が削減できるようなら続ける

といった具合に、気軽に試すことができます。

加えて今なら「3ヶ月プラン料金無料」で利用できる楽天モバイル。ぜひ「ちょい足し」での利用を検討してみてはいかがでしょうか。

\ ✅ 今なら「3ヶ月プラン料金無料」/

楽天モバイル

ABOUT ME
えびふらい
大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)を全て使用した、アラフォーおじさんです。このブログでは、楽天モバイルを「ちょい足し」して、固定費の削減をオススメしています。