楽天のサービス

楽天モバイルを提供する「楽天」。数字で見ればこんな会社です

当ブログでは「楽天モバイルで通信費を削減しよう!」ということをオススメしています。

一方で、「楽天モバイルって、そもそもどんな会社なの?」という疑問を持たれている方もいるかも。

今回は原点に立ち返って「楽天」を解説します。

「楽天モバイル」を提供する会社は?

携帯電話事業である「楽天モバイル」を提供している会社は、「楽天モバイル株式会社」です。

皆様が「楽天」と言っているのは多くの場合、親会社の「楽天グループ株式会社」のこと。

「楽天株式会社」が2021年4月1日に「楽天グループ株式会社」に商号を変更しています。

この「楽天グループ株式会社」が「楽天市場」などを運営しています。

同じような親会社-子会社関係は、他の通信キャリアにも当てはまります。

親会社子会社
NTTNTTドコモ
KDDI
auはKDDIが運営
ソフトバンクグループソフトバンク
楽天グループ楽天モバイル

楽天と、大手キャリア親会社の比較

ここで、楽天モバイルの親会社である「楽天グループ」と、大手キャリアの親会社を数字で比較してみましょう。

直近(2021.7.1時点)の決算データから、各社を比較してみました。

売上高
(百万円)
経常利益
(百万円)
NTT11,943,9661,652,575
KDDI5,312,5991,038,056
ソフトバンクグループ5,628,1675,670,456
楽天グループ1,455,538-151,016
データ出典元:Yahoo!ファイナンス
えびふらい

通信各社とも、随分と景気の良い数字が並んでいますね…

この社会情勢にあっても、通信事業は比較的好調のようですね。

楽天は赤字決算になっていますが、これはモバイル事業への投資の影響。

それだけ社運をかけてモバイル事業に取り組んでいる、ということです。

楽天、20年度第4四半期決算発表、モバイルは赤字も「将来への前向きな投資」(ケータイ Watch)

結局「楽天」のモバイルは大丈夫なの?

えびふらい

それは誰にもわかりません…

ということにはなってしまいます。

しかしモバイル事業は、親会社である「楽天グループ」が「社運をかけて」挑んでいる事業です。

それだけ、モバイル事業は経営者にとって魅力的、ということなんですね。

楽天モバイルとの付き合い方

楽天モバイルは楽天グループが社運をかけた事業とはいえ、現状エリアなどに不安があるのもまた事実です。

まだまだdocomo・au・SoftBankと比較すれば、「圏外になってしまう」ことが多く、メイン回線として使うには早い印象があります。

当ブログでは、そんな楽天モバイルを「ちょい足し(サブ回線)」運用することをオススメしています。

「今の携帯キャリアはそのまま」で「ちょい足し」する運用、というのが、現状での楽天モバイルとのちょうど良い付き合い方ですね。

詳しくは別記事で詳しく書いておりますので、そちらをご覧ください。

加えて今なら「3ヶ月プラン料金無料」で楽天モバイルは利用できます。ぜひ「ちょい足し」での利用を検討してみてはいかがでしょうか。

\ ✅ 今なら「3ヶ月プラン料金無料」/

楽天モバイル

ABOUT ME
えびふらい
大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)を全て使用した、アラフォーおじさんです。このブログでは、楽天モバイルを「ちょい足し」して、固定費の削減をオススメしています。