楽天モバイルで固定費削減

「eSIM」「物理SIM」「SIM交換」楽天モバイルの活用に知っておきたいSIMの話

テレビCMで「携帯会社を乗り換えて、もっとお得に!SIMカードを替えるだけ!」なんて話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

えびふらい

いや、そもそも「SIMカード」って何?

SIMカードは「契約者を識別する番号や電話番号を記録したカード」、要するに「電話番号などを記録した携帯電話の魂みたいなもの」です。

楽天モバイルを利用するには「SIMカード」以外にも「eSIM(端末に組み込まれたSIM)」を使うことができます。

eSIMを活用すれば、スマホを色々便利に活用できてしまうんです。

結論

楽天モバイルは「SIM」を選んで活用することで、「1台で2回線」など便利に利用することができます。

この記事では楽天モバイルの「SIM」について解説します。

SIMカードとは?

スマホの端末は、「SIMカード(物理SIM)」という「契約者を識別する番号や電話番号を記録したカード」を挿入して使用します。

この小さいカードに「090-xxxx-xxxx」みたいな情報が記録されているわけです。

店舗で携帯電話の機種変更手続きをする際には、

  1. 「古い携帯電話」から「SIMカード」を抜き取る
  2. 抜き取ったカードを「新しい携帯電話」へ入れる

というのが、基本的な部分になってきます。

eSIMとは?メリット・デメリットは?

eSIMとは「端末に組み込まれたSIM」のことで、SIMカードのように物理的に抜き差しできません。

物理的なカードを抜き差しする代わりに、Webやアプリなどから開通手続きを行います。

⭕️「発行手続き」が早い

通常携帯電話の契約をする場合、

  • ショップで行うなら1~2時間
  • 自宅で行うなら、SIMカードの到着まで数日〜数週間待つ必要あり

ということで、ちょっと時間がかかります。

一方でeSIMの場合、楽天モバイルなら申し込み完了から最短約5分でつながるという、驚異のスピード手続きです。

⭕️「iPhone1台で2回線」が可能に

eSIM対応のiPhoneでは、通常の「SIMカード」と「eSIM」を両方同時に使用可能になります。

えびふらい

つまり、SIMカードで「馴染みの携帯キャリア」、eSIMで「楽天モバイル」といったように、「1台で2つの電話番号」を利用できるようになります

2つの電話番号を使い分けることによって、「Rakuten UN-LIMIT VI」の「(ほとんどの)通話が無料」というメリットを最大限活かすことができます。

2つの電話番号の使い分け方法としては、

  • 普段の電話の待受は「エリアの広い」「馴染みの携帯キャリア」
  • 電話をかけるときは「通話無料の楽天モバイル」

という方法がおすすめです。

「スマホ2台持つ」ということをすれば「2回線利用」できるわけですが、eSIMを利用して「1台で2回線」とすることのメリットは

  • 1台持つだけなので、荷物もスッキリ
  • 1台分のバッテリー残量だけを気にしていれば良い

といったことが挙げられます。

❌ SIMカードとの併用では、バッテリーの消費が多い

eSIMとSIMカードで「2回線」契約すると、当然スマホでは2回線分の電波のやりとりをするので、バッテリーの持ちは悪くなります。

えびふらい

ただ、個人的には「大幅にバッテリーが減るか?」というと、そうでもない印象です

バッテリー容量がそれほど大きくないiPhone 12 miniやiPhone SE(第2世代)の場合は、モバイルバッテリーを併用するのがオススメです。

❌ eSIM・SIMカード併用可能端末が少ない

現状eSIMとSIMカードを併用して、楽天モバイルを使用できる主な端末は

  • 「XS以降」のiPhoneシリーズ
  • 「4以降」のGoogle Pixelシリーズ

となっています。現状のラインナップが限られる点は注意する必要があります。

ただ、順次eSIM対応端末がリリース予定であること、iPhone 13シリーズでは、「2つのeSIM」で同時に通信できるようにもなっており、今後eSIMはますます便利になっていく見込みです。

eSIM でデュアル SIM を活用する(Apple)

楽天モバイルでの「SIM交換」手続きをパターンごとに解説

楽天モバイルでは、機種変更などに際してSIM交換手続きは無料で行っています。

えびふらい

かくいう私は、ほとんどのパターンで、SIM交換をお願いしたことがあります。それぞれのパターンについて注意点を交えてご紹介します。

物理SIM → 物理SIM

物理SIM対応端末どうしで機種変更する場合、古い機種のSIMカードを新しい機種へ挿入すれば、機種変更は終了します。

一方で、「古い機種をSIMカードごと盗難・紛失」した場合は、my楽天モバイルにて「SIMカードを利用停止」手続きが加わります。

eSIM → 物理SIM

Rakuten miniなどの「eSIMのみ対応」端末から、iPhoneなどへ機種変更したい場合は、eSIM→物理SIMへの変更手続きを行います。

この場合は

  1. 「my楽天モバイル」から「SIM交換」手続き
  2. 「SIMカード」が数日後に到着
  3. SIMカード到着後に「my楽天モバイル」にてSIMの切り替え手続き
  4. eSIMは無効化され、SIMカードが使えるようになります

という流れになります。

物理SIM → eSIM

SIMカードの端末から、「iPhoneの副回線に利用したい」というのがこのパターンです。

こちらは以下のような流れです。

  1. 「my楽天モバイル」から「SIM交換」手続き
  2. SIMカードが無効化され、eSIMが使えるようになります
  3. 不要になったSIMカードは「楽天モバイル回収係」へ郵送します

SIMカードの送り先である「楽天モバイル回収係」は、解約時と同じ送り先です。

解約時のSIMカードの返却先はどこですか(楽天モバイル)

SIM交換手続き自体は無料ですが、SIMカードの送料は利用者負担なので注意してください。

eSIM → eSIM

新しい方のiPhone同士の変更などが、このパターン。一番手続きとしてはカンタンです。

  1. 「my楽天モバイル」から「SIM交換」手続き
  2. 前の機種のeSIMが無効化され、新しい機種でeSIMが使えるようになります

むやみに手続きを行うのは考えものですが、利用する端末に合わせてSIMを簡単に切り替えられるのは、楽天モバイルのメリットといえます。

SIMを使いこなして楽天モバイルをより便利に活用しよう

以上のように楽天モバイルでは、使用したい端末に合わせてSIMを比較的簡単に切り替えられます。

「心待ちにしていた最新機種」でバリバリスマホを楽しむのも、「機種変更後に余ったスマホ」を楽天モバイルで有効活用するのも、ユーザーによって選べるのが嬉しいところです。

楽天モバイルの最大のメリットといえば、「Rakuten Link」アプリを使った無料の国内通話

おまけに、今ならばプラン料金が3ヶ月無料になっています。

スマホの通話料を節約したい方は、ぜひ「楽天モバイル」を検討してみてはいかがでしょうか。

\ ✅ 今なら「3ヶ月プラン料金無料」/

楽天モバイル

ABOUT ME
えびふらい
大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)を全て使用した、アラフォーおじさんです。このブログでは、楽天モバイルを「ちょい足し」して、固定費の削減をオススメしています。