楽天のスマホ機種・アプリ

「ガラケーから変えられない」方にこそオススメしたい楽天モバイル。

「いまだにガラケーを使っているけれど、スマホに興味がある」という方は、それなりにいらっしゃるのではないでしょうか。

結論

ガラケーに残された時間は短いので、スマホに乗り換えましょう!

「ガラケー」から「スマホ」に乗り換えたい方、キャリアとしてオススメなのは「楽天モバイル」ですが、いずれにせよ「ガラケーに残された時間は短い」ということから解説します。

ガラケーに残された時間は、実は多くない

ガラケーユーザーには悲しいお話しですが、

  • 今お使いの「ガラケー」も長くは使えない
  • 楽天モバイルではガラケー(他社で販売されている機種含め)は使えない

という、今やそんな状況なのです。

確かに「ガラケー」も

  • 軽量
  • 通話しやすい

というスマホにはないメリットはあります。

しかし、ビジネスの現場で「そろばん」を使わなくなったように、どんなアイテムも取って代わられる日が来るのです。そしてガラケーもそんな日が近づいているのです

3G停波で、多くのガラケーが使えなくなります

多くの「ガラケー」が「3G回線」を使用していますが、「3G回線」は携帯各社から終了がアナウンスされています。

各キャリアの「3G回線」終了日は以下のようになっています。

終了日
docomo
FOMA
2026年3月31日
au
CDMA 1X WIN
2022年3月末
SoftBank
3Gサービス
2024年1月下旬
ちなみに「3G停波」で一部のスマホも使えなくなります

3G停波により使えなくなるスマホの例として「5s以前のiPhone」があります。

通信は4G LTEを使用しますが、通話には3Gを使用しているため、停波の影響を受けてしまうんです。

携帯各社の中で最も早いのが、auの「2022年3月末」になります。

各社とも3Gの次の次、「5G」に向けた設備投資を積極的に進めたいところで、「正直待ってはくれない」という状況です。

ですから、ガラケーユーザーの方は、4Gをメインにした端末 = スマホへ移行せざるを得ない状況なんです。

実はガラケーユーザーにオススメ「楽天モバイル」

そうは言っても、色々事情があってスマホへ移行してこなかった、という方もいるはず。

主な事情としては「通話が多い」「そもそも携帯電話をそれほど使わない」といったところでは無いでしょうか。実はそんな方へも「楽天モバイル」は魅力的なサービスなんです。

「通話が多い」からスマホは…という方に

楽天モバイルは「Rakuten Link」アプリを使用することで「ほとんどの国内通話が0円」になるんです。

「通話が多い方」こそ「ほとんどの国内通話が0円」のメリットが大きいですね。

そもそも携帯はそんなに使わない…、という方に

SoftBankからかつて提供されていた「ホワイトプラン」のように、「そもそも携帯電話をそんなに使わない」ということで、非常に安いプランに加入されているガラケーユーザーもいらっしゃるでしょう。

「わざわざ高い料金のスマホにしなくても…」と思われていたら、ちょっと待った。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」は「データ使用量が1GB以下ならば0円」、つまり「携帯電話をそんなに使わない」方は、月額0円で済んでしまうのです。

さらには違約金・最低利用期間もないので、気に入らならければサッとやめてしまうこともできます。

また、キャンペーンを活用すれば「スマホ本体」も実質1円で入手できるような機種もあります。

スマホはなんとなく高そう…、というイメージを破壊しているのが楽天モバイルなんです。

そうはいってもスマホが不安、な方へオススメの機種

「もう時代はスマホかな…」と思いつつも、使い慣れたガラケーを手放せない方へ、オススメしたいスマホ機種を紹介します。

とりあえず人に聞きやすいiPhone

  • とにかく失敗したくない
  • まずは人に使い方を聞きたい

という場合は「iPhone」がファーストチョイスになってきます。

何より中高生から高齢の方まで、ユーザーが多いのがiPhoneのメリット。操作が分からなくても身近な人に聞けるので、「スマホが初めて」という方も心強いですね。

楽天モバイルでも、2021年からiPhoneに正式対応しました。

ただし、キャンペーンなどがあるとはいえ、iPhoneは購入価格がAndroidより高くならざるを得ない、というのは気をつけたいところです。

安価に入手できるAndroid

Androidの場合、様々なメーカーが端末を供給しているので、安価な端末からハイスペック端末まで、とにかくラインナップが豊富です。

またほとんどのスマホは、ガラケーより画面が大きくて見やすいです。最近細かい字が見にくくなってきた、という方は大画面のAndroid端末を選ぶ、なんてこともできますね。

らくらくホンはやめた方が無難

一方で気をつけたいのが、いわゆる「らくらくホン」的な端末です。

  • docomo らくらくスマートフォン
  • au シンプルスマートフォン
  • SoftBank シンプルスマホ

こういった端末は、基本的にはAndroidを使用してるものの、かなり「簡単操作」になるようカスタマイズされています。

しかし、あまりにカスタマイズされすぎて、元のAndroidとはかなり変わってしまい、「若者でも操作に戸惑う」端末になっています。「周りの人に操作を聞いても、教えてもらえない」状況になるわけですね。

私としてはスマホ初心者であっても、iPhoneや一般的なAndroid端末をオススメしたいです。

楽天モバイルなら店舗サポートも受けられますので、困った時にも安心できますね。

そうはいってもガラケーは手放せない、方にオススメ「ちょい足し」運用

楽天モバイル・スマホのメリットは分かったけれど、やはり使い慣れたガラケーは手放せない、という方にオススメなのが「ちょい足し(サブ回線)」運用です。

  • 今使っているガラケーはそのまま使う
  • 楽天モバイルのスマホを「ちょい足し(サブ回線)」で持っておく

という「2台持ち」という方法です。

いったんこの「ちょい足し」運用でスマホを試してみて、スマホがしっくり来るようになったら一台にまとめる、という作戦です。

先にお話しした通り、楽天モバイルは機種も実質1円で手に入り、通信量が1GB以下ならば0円で維持できます。金額的なデメリットというのは「ほぼ無い」といっていいですね。

なおかつ、今なら3ヶ月プラン料金を無料で利用できるキャンペーンが実施中です。楽天モバイルやスマホが気になっている方は、ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。

\ ✅ 今なら「3ヶ月プラン料金無料」/

楽天モバイル

ABOUT ME
えびふらい
大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)を全て使用した、アラフォーおじさんです。このブログでは、楽天モバイルを「ちょい足し」して、固定費の削減をオススメしています。