楽天のスマホ機種・アプリ

楽天モバイルでは「iPhoneはオススメしない」ワケ

日本で最も使われているスマホ、iPhone。

えびふらい

iPhoneに対応した楽天モバイルで、固定費削減だ!

と意気込んでおられる方には残念ですが、正直楽天モバイルでは「iPhoneはオススメできません」。

「楽天回線でiPhone」がオススメできないワケ
  • 「楽天回線」「パートナー回線」自動切り替えが、iPhone 12シリーズ以降で対応
  • iOS 15の「プライベートリレー」をONにすると、「Rakuten Linkアプリを使っても国内通話が有料」に。

つまり、「新しい機種」でないと快適に使えないのに、「新しいOS」では通話無料のメリットがなくなるかも、というジレンマ状態になっています

今回は、「楽天モバイルでiPhoneを使いたい!」という方に、参考になる記事になっています。

楽天モバイルでiPhoneを使用する場合

楽天モバイルで「iPhone」を使おうとする場合、大きく2つの方法があります。

キャリアで購入したiPhoneを「SIMロック解除」する

とにかく安く済ませたい方は、この方法です。

6s以降のキャリア版iPhone」は、SIMロック解除をすることで、楽天モバイルでも使用することができます。

えびふらい

docomoで購入したiPhoneは「docomoでしか使えない」ことも。これを解除するのが「SIMロック解除」です。

docomo・au・SoftBankとも、オンラインならば無料で「SIMロック解除」ができます。

自分では不安…、という方もショップでも対応してくれますが「手数料が必要」になってくるケースがあります。

手続き自体は順に沿ってボタンを押していくだけです。基本的にはオンラインでの手続きをオススメします。

SIMフリーiPhoneを購入する

Appleストアでは、いずれの携帯キャリアでも使用できる「SIMフリーiPhone」を販売しています。

またiPhone 13シリーズ以降は、docomo・au・SoftBankから販売されるiPhoneも「SIMフリーiPhone」になりました。

ちなみに、楽天モバイルで販売しているiPhoneは、「すべてSIMフリーiPhone」です。

ポイント還元を考慮した、iPhone 12(64GBモデル)の実質購入価格は以下のようになります。

  • Apple公式 94,380円
  • ヨドバシカメラ 94,380円 – 944ポイント = 実質 93,436円
  • 楽天モバイル 101,176円 89,800円
えびふらい

「最新機種でなくても良い!」という方は、iPhone12は実は狙い目ですね

「楽天モバイルでiPhone」気をつけたい2つのこと

楽天モバイルでもiPhoneは一応使えるのですが、

  • エリアの自動切り替え
  • 「プライベートリレー」と「Rakuten Link」

については、十分気をつけないといけなくなりました。

「楽天回線エリア」と「パートナー回線エリア」

楽天モバイルのサービスエリアには2種類あります。

  1. データ無制限の「楽天回線エリア」
  2. 5GB超過後は最大1Mbpsに速度制限される「パートナー(au)回線エリア」

エリアを整備中の楽天モバイルに対して、auがパートナーとなって回線を貸し出している、という関係です。

実はiPhoneの場合「楽天回線を十分に利用できない」可能性があるのです。

エリア面積より「電波の質」

「楽天回線エリア」はかなり整備されてきていますが、問題は「電波の質」。「楽天回線は屋内で電波が入りにくい」というデメリットを抱えています。

すると、「部屋の中では楽天回線(無制限)エリアであっても、パートナー回線(速度制限あり)に繋がってしまう」なんてことは、十分起こり得ます。

古いiPhoneでは、「楽天回線」へ自動で切り替えてくれない

iPhone 12より前の機種の場合、「パートナー回線エリア」から「楽天回線エリア」に入っても、回線を自動的に切り替えてくれません。

iPhone 12より前の機種で「パートナー回線」から「楽天回線」へ手動で切り替える方法は、

  • 機内モードのON/OFF
  • 本体の再起動

とものが楽天モバイルより紹介されています。

えびふらい

いやー、さすがにこれは不便…

つまり、古いiPhoneでは「気付かぬうちにパートナー回線を利用していた」ということが、起こりうるワケです。

iOS 15の新機能「プライベートリレー」

iOS 15にて新機能「プライベートリレー(β版)」が追加されました。「どんなWebサイトにいつ訪れたか追跡されない」というプライバシー強化機能です。

「プライベートリレー」自体は良い機能なのですが、なんとこの機能をONにすると「Rakuten Linkアプリで国内通話無料」ではなくなってしまいます

えびふらい

「国内通話無料」が楽天モバイルの大きなメリットなのに、これは悲しすぎます

「プライベートリレー」をOFFにすれば、「Rakuten Linkアプリで国内通話無料」になりますが、今後の楽天モバイルの対応に期待したいところです。

iPhoneユーザーも、Androidスマホで「ちょい足し運用」がオススメ

それでは、iPhoneを使うのは諦めたらいいのか!というわけでもありません。

当ブログでオススメしているのは「楽天モバイル ちょい足し運用(サブ回線)」という方法です。

  • 今使っているiPhoneの機種も、キャリアもそのまま
  • 楽天モバイルで安価なAndroid端末を入手。
  • 楽天回線は「サブ回線として」契約、Android端末で利用

こうすれば、ややこしい制限もなく「Rakuten Linkアプリで国内通話無料」のメリットを享受することができますね。

「ちょい足し運用」については、別記事で詳しく書いておりますので、そちらをご覧ください。

今なら楽天モバイルは「3ヶ月プラン料金無料」で利用できるので、「とりあえず試してみる」というのは全然ありですね。

ぜひ「ちょい足し」での利用を検討してみてはいかがでしょうか。

\ ✅ 今なら「3ヶ月プラン料金無料」/

楽天モバイル

ABOUT ME
えびふらい
大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)を全て使用した、アラフォーおじさんです。このブログでは、楽天モバイルを「ちょい足し」して、固定費の削減をオススメしています。