楽天モバイルで固定費削減

余っている「お古のスマホ」。楽天モバイルで再利用しましょう。

当ブログでは「楽天モバイルをちょい足し(サブ回線運用)して、通信費をお得に」と言う提案をしています。

結論

機種変更後に余った古いスマホを、楽天モバイルでの通話専用に再利用する」と言う方法が、ちょい足し運用にはやりやすいです。

そのカギになってくるのが「SIMカード」。

「携帯会社を乗り換えて、もっとお得に!SIMカードを替えるだけ!」なんてCMを見かけることがありますが、

えびふらい

いや、そもそも「SIMカード」って何?

という方もいるのでは。

この記事では

  • 古いスマホを「楽天モバイルのSIMカード」で再利用する方法
  • ちなみに、携帯電話のSIMカードってどんなもの?

ということを解説します。

機種変更の後の「古いiPhone」を「楽天SIM」で活用しよう

古いスマホの再利用、で設定が一番カンタンなのが「みんな大好きiPhone」です。

iPhoneも「13シリーズ」まで進化し「古いiPhoneが余っている」なんて方もいるのではないでしょうか。

「古いiPhone」を楽天モバイルで活用するには、「楽天モバイルのSIM」を「古いiPhone」へ挿入します。大きくやることはこれだけです。

iPhone 6s以降のiPhoneならば、難しい設定なしに楽天モバイルで使用することができます。

このようにすることで

  • 最新のiPhoneは使い慣れたキャリアで、設定変更も必要なし
  • 古いiPhoneは「通話専用」にして、楽天モバイルの「無料通話」で活用

と言った体制を作ることができます。

楽天モバイルの料金「Rakuten UN-LIMIT VI」の特徴

  • ほとんどの通話が「無料」
  • データ通信も300GBまで「定額」

ということなので、通話はなるべく楽天モバイルを利用することで、通話料を節約することができます。

手順としてはここまででOK

行うことは「楽天のSIMカードを入れる」と言うシンプルなお話ですが、

えびふらい

いや、そもそも「SIMカード」って何?

と言う方のために、以降は補足情報を解説します。

そもそもSIMカードとは?

SIMカードは「契約者を識別する番号や電話番号を記録したカード」、要するに「電話番号などを記録した携帯電話の魂みたいなもの」です。

実際のiPhoneには、このような小さいカードが入っていて、コレがSIMカードです。

カードの裏側はこのような感じです。

えびふらい

「魂」であるSIMカードを入れることで、携帯電話として使用できます。

店舗で携帯電話の機種変更をされた方もいるかと思います。

その際は「古い携帯電話」から「SIMカード」を抜き取り、抜き取ったカードを「新しい携帯電話」へ入れる、というのが、基本的な部分になってきます。

SIMカードを入れた新しい携帯電話は「音声通話」や「データ通信」が使えるようになります。

SIMカード(魂)を抜かれた古い携帯電話は、「音声通話」や「データ通信」は使えなくなります。

のりかえ(MNP)の手続きとSIMカード

実は「SIMカード」自体の所有権は、docomo・au・SoftBankなどの「携帯キャリア」にあります。

携帯電話の「のりかえ(MNP)」の場合は、古いSIMカードは元のキャリアへ返却*し、新しいキャリアからSIMカードを受け取って使用することになります。

*「返却不要」としている携帯キャリアもあります

かつては、「docomoの回線を利用するには、docomoの端末」「auの回線を利用するには、auの端末」を利用する必要がありました。

しかし、図の通り「SIMロック解除」という無料の手続きを行うことで、docomo・au・SoftBankどのSIMカードを入れても利用できます

SIMカードの種類

SIMカードは、大きさによって3種類あります。

  • 標準SIM
  • microSIM
  • nanoSIM

各SIMカードの大事な部分の作りは共通で、違うのは大きさだけ。

また今は、自分の端末のサイズにピッタリの大きさにカットできる「マルチSIM」が一般的になってきており、SIMカードのサイズはあまり意識されなくなりました。

えびふらい

かつては「自分で」SIMカードをカットする、という方も結構いました

細かい話:iPhoneは「設定はラク」だが…

冒頭で「iPhoneは設定がラク」と言うお話をしましたが、実は「メインのiPhone」には「楽天モバイルは不向き」と言うデメリットもあります。

最新OSである「iOS 15」では、「プライベートリレー」と言う機能をオンにすると、「楽天モバイルでの通話が有料になってしまう」と言うことがあるからです。

詳しくは別記事で解説していますので、そちらをご覧ください。

その対策として「プライベートリレーOFFにした、通話専用のiPhone」を用意しておくのがオススメです。

そのためにも、iPhoneで楽天モバイルを活用するなら、2台持ちは視野に入れておきたいところです。

楽天モバイルをうまく活用して、通信費を下げよう

そんな注意点がある「楽天モバイル」ですが、「ほとんどの国内通話無料」と言うメリットは、やはり非常に大きいです。

今なら楽天モバイルは「3ヶ月プラン料金無料」で利用できるので、「とりあえず試してみる」というのは全然ありですね。

ぜひ「ちょい足し」での利用を検討してみてはいかがでしょうか。

\ ✅ 今なら「3ヶ月プラン料金無料」/

楽天モバイル

ABOUT ME
えびふらい
大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)を全て使用した、アラフォーおじさんです。このブログでは、楽天モバイルを「ちょい足し」して、固定費の削減をオススメしています。