楽天モバイルの🙆‍♀️🙅‍♀️

楽天モバイルのテザリング。「Wi-Fi代わり」になるのはこんな方!月額費用の比較も。

しょうゆ

楽天モバイルは「データ無制限」なら、「テザリング」を使って家のインターネットも置き換えられるのでは?

えびふらい

それは「使う人のスタイル」によるんです

楽天モバイルが「Wi-Fi代わり」になる人・ならない人
  • ⭕️ PCやタブレットでは、TwitterやLINEが中心
  • ⭕️ YouTube・Netflixなどをたまに見る程度(1日1時間くらい)
  • ⭕️ 楽天モバイルの電波が良好である (建物内では弱い可能性も)
  • ❌ データ通信の多いオンラインゲームをやる
  • ❌ データの遅延が困るオンラインゲームをやる
  • ❌ YouTube・Netflixなどの高画質動画を1日長時間見ている

想定されるケースとしては

  • 単身赴任先で、PCでもインターネットを使いたい
  • 光回線のない実家へ、長期間帰省するときにインターネットを使いたい

こんなパターンになります。その理由について、以下で解説します。

そもそもテザリングとは?メリットは?

私たちは普段、スマホを使ってデータ通信を行います。一方で(多くの)PCは、PC単体ではインターネットへ接続できません。

スマホなどのデータ通信機能を使って、PCなどをインターネットへ接続する」のがデザリングです。

テザリングのメリット・デメリット
  • ⭕️ 工事不要で即日ネット接続可能
  • ⭕️ 通信費をスマホ一台にまとめられる
  • ❌ スマホのバッテリー消費が激しい

光回線の工事を待つ必要なし。即日ネット接続可能

「光回線の工事」は一般的には1~2ヶ月くらい待つことになります。しかし、春や秋の引っ越しシーズンは、なかなか工事の予約が取れないことも。

スマホのテザリングを使う場合、引っ越したその日からPCなどでインターネットに接続できます。

  • 引っ越しの多い方
  • 研修や長期出張で、一時的にネット環境が必要な方

こういった方には、「スマホのテザリング」を活用していただきたいです。

通信費を「スマホ一台」にまとめて節約できる

普段、PCとスマホを持っている方は、

  • 光回線の費用 (PCなど)
  • スマホの通信費

両方を支払っているのではないでしょうか。

「テザリング」を活用することで、通信費をスマホ一台にまとめられるのです。

えびふらい

それでは実際のところ、どのくらいの金額になるのか計算してみましょう

テザリング vs 光回線

今回は

  • 集合住宅に住んでいる
  • データ通信は「100GB」使用 (フルHD動画を1日約1.5時間相当)

という条件で、以下の3パターンで料金を計算してみました。

ちなみに「au 使い放題MAX 5G」「SoftBank メリハリ無制限」はテザリング時のデータ通信が30GBまでに制限されるので、その時点で脱落です。

  • docomo 「ahamo」2,970円 + ドコモ光「ocn」4,400円 = 7,370円
  • docomo「5Gギガホプレミア」7,315円
  • 「楽天モバイル」3,278円

docomoなら光があっても無くてもほぼ同じ料金に

「ahamo + 光」と「docomoでテザリング」を比較した場合、7,300円台とほぼ同じ金額になりました。

「工事」「配線」などの心配がないので、一人暮らしの場合は「5Gギガホプレミアでテザリング」の方がむしろ便利かもしれません。

スマホ一台でネットをカバー。料金なら楽天の圧勝だが…

一方モバイル同士で比較した場合は、料金なら楽天の圧勝になります。

docomo
5Gギガホ プレミア
楽天モバイル
月額料金
(100GB通信時)
7,315円3,278円
利用可能
データ量
無制限無制限(公称)
実質300GBとも
4G
人口カバー率
99%
(2014年度末)
90%
(2021年6月)
5G
人口カバー率
55%
(2021年度末まで )
データなし

しかし、どうしても見逃せないのが「楽天モバイルの利用可能エリア」と「楽天モバイルの電波」です。

「利用可能エリア」は現在かなりのスピードで整備されていますが、特に問題なのは「楽天モバイルの電波」の方です。

楽天モバイルのテザリングで気をつけたい「電波」

楽天モバイルの「通信エリア」に関してはかなり頑張っていて、2021年内にも96%へ進捗する見込みと報道されています。

一方で、いくら通信エリアを頑張ってもどうしようもない問題があります。それは楽天モバイルが使用している電波の種類

プラチナバンドという障害物に強い電波が使えていないので、建物の中などでは電波が入りにくい可能性があるのです。

詳しくは別記事で書いておりますので、そちらをぜひご覧ください。

電波の不安に提案したい、楽天モバイル「ちょい足し」運用

現段階では、「全部のデータ通信を楽天モバイルに一本化する!」というのは厳しいかもしれません。

そこで私が提案したいのが、楽天回線の「ちょい足し」(サブ回線)運用です。

えびふらい

仮に、単身赴任するケースを考えてみましょう

  1. メインのスマホ(ahamo)はそのままで、サブ回線に「楽天モバイル」を契約
  2. 単身赴任先で楽天モバイルの電波が良好なら、楽天モバイルのテザリングでネットを利用
  3. 楽天の電波が不安定なら、ahamo → 5Gギガホ プレミアに切り替え。楽天モバイルの回線は使わない(維持費は0円)。

こうしておけば、

  • 「メインのスマホを乗り換える」という手間もない
  • 楽天モバイルの回線を使わなくても維持費は0円

ということで、多くのケースに対応できます。

加えて今なら楽天モバイルは「3ヶ月プラン料金無料」で利用できます。ぜひメインのスマホに「ちょい足し」での利用を検討してみてはいかがでしょうか。

\ ✅ 今なら「3ヶ月プラン料金無料」/

楽天モバイル

ABOUT ME
えびふらい
大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)を全て使用した、アラフォーおじさんです。このブログでは、楽天モバイルを「ちょい足し」して、固定費の削減をオススメしています。